アラフォーの涙袋メイクを美しく

アラフォーのためのまぶた化粧品

化粧品はライン使いで!

ライン使い

アラフォー世代はホルモンのバランスの変化もあり、
身体にいろいろな変化があらわれてきます。
見た目でも目立つまぶたのケアを中心にハリのある若々しい肌へと時間を戻しましょう。

 

ポイントは効果のある化粧品を正しい方法で使うことです。

 

修復力や免疫力が弱まってきつつある肌にパワーを取り戻させる成分を効率よく吸収させてあげることで回復力が高まりお手入れの効果も向上します。

 

使うのなら目的を絞った化粧品をラインで使うのがおすすめ!
オールインワンでは成し得ない効果を実感できます。

アラフォーに人気のまぶた化粧品ランキング

それぞれの目的に合わせた種類をセットにしラインで使って効果のある化粧品のランキングです。余計なものは省き効率的に肌力高め、まぶたにハリを与えてたるみを解消するものを
口コミや使用感を元にランキングにしています。

 

ビーグレン エイジングケア

 

アラフォーのまぶたとエイジング化粧品でダントツの人気を誇るビーグレン

 

医療レベルの浸透テクノロジーは

 

効果のある成分を極小のカプセルに包み必要な場所へ的確に届け、効果を発揮します。
全国送料無料、365日返品・返金保証、24時間カスタマーサポート

 

ビーグレン公式サイトはこちら

ディセンシアアヤナス
ディセンシア アヤナス

アラフォー世代に多くなってくる敏感肌の方にも安心して使える製品。

 

たるみのある肌に弾力とハリを取り戻してくれます。

 

トライアルセットはアイクリームとBBクリームの試供品付

 

全国送料無料、30日以内全額返金保証、手数料無料
ディセンシア公式サイトはこちら

キラリエアイクリーム
キラリエアイクリーム

こちらは単品のアイクリームですが目元のたるみ解消成分を
この価格では考えられないレベルで配合!
他のライン化粧品にプラスすることで
エイジング効果をトータルに仕上げることができます。
送料無料、100日間無条件返金保証

 

 

キラリエアイクリーム公式サイトはこちら

アラフォーまぶたのたるみ解消化粧品選びのポイント

アラフォー世代で特に顕著になる肌の変化は乾燥。
もともと乾燥肌の方は更にですし、普通肌だと思っていたのに
なんか乾燥が気になってきた・・・・

 

そんな声がとても多く聞かれる世代です。

 

まぶたのたるみを解消する化粧品選びもこの肌変化をしっかり認識して
効果のあるもののチョイスが重要です。

 

保湿効果が優れていて、それが長時間持続すること

 

乾きやすいお肌を乾燥から保護しながら潤いを保つのはもちろん
その効果が持続するのが大切になります。
とくに日中の職場や外出先でのエアコンや外的刺激にたいし
しっかりとガードしてくれるものを選びましょう。

 

浸透力に優れ有効成分がしっかり真皮に届くこと

 

30代半ばから肌のキメが荒くなりがちとなり、化粧品の
成分の吸収力も低下してきてしまいます。
化粧品には自ら肌に入っていって有効成分を届ける
浸透力が求められます。

 

刺激が少なく長い間安心して使えること

 

肌質の変化は敏感肌となる傾向があり、それまで大丈夫だった
刺激も赤みや炎症の引き金になることがあります。

 

敏感な肌でも安心して使える事が重要ですし、毎日使うものなので
長期にわたり安心できるものを選びましょう

まぶたケアのポイント

まぶたは皮膚が薄く敏感なので日常のちょっとした事にも気をつけてあげることで
ケアやお手入れの効果が断然違ってきます。

 

メイク落としの際にはゴシゴシこすらずに優しく洗ってメイクをとってあげましょう。
クレンジング使用の際はタップリ使い摩擦を防ぎます。
洗顔もなるべく泡を転がすようにし、落ちにくい場合は2度洗いをしましょう。
肌に優しく汚れがよく落ちることで人気になっているクレイ洗顔もおすすめですが、
泡立ちをウリにしている洗顔料に比べると泡が少ないですが、汚れやメイクを浮かすような
感じで2度洗いをするときちんと落ちますし、洗顔後のツッパリや乾燥が少ないこともまぶたには優しい洗顔料と言えます。

 

マスカラ、ツケマは極力控えめがいいのですが、
やっぱりまつげメイクもこだわりたいところ・・・
とにかく取るときに引っ張らない、優しく!が大原則ですし、アラフォー以前からのダメージも今からのケアで改善を図っていくことも十分可能です。

 

洗顔後はもちろん、昼間や就寝中の乾燥にも要注意です。
手軽な乾燥対策としてワセリンも効果があります。メイクの下地としても使えるし
目元のメイク直しのときにもワセリンでマスカラやアイラインを拭き取ると簡単に取れます。この時も強くこすったりしないようにし、指でやりにくい時は綿棒が便利です。

 

ワセリンは一般的な白色ワセリンでOKですので、普通の薬局やドラッグストアで購入できます。