アラフォーまぶた

アラフォー 涙袋メイクの方法

最近のアイメイクで涙袋を目立たせるものが人気になっていて
10代20代からアラフォー以降までそのメイクを実践している方が多くなっています。

 

ただ、ある程度年齢が進むとこのメイクにも注意が必要となってきますし
涙袋の場所を曖昧にとらえてしまってメイクもスキンケアも違った方向になってしまったりということもでてきてしまいます。

 

涙袋メイクというジャンルで考えた場合の涙袋は目のすぐ下でそこをふっくらさせることで
女性らしさが増した印象になるというものですね。
俗にホルモンタンクともいわれ女性ホルモンが蓄えられてそこから女性らしい色っぽさも
にじみ出てくるとも言われています。

 

これが年齢によって目の下がたるんでしまったり膨らんだ感じになった場合も涙袋が・・・
と言われる事があったのですが、スキンケアの観点から言うとそれは「目袋」または
そのもの「目の下のたるみ」という表現になります。

 

アラフォー,涙袋,メイク方法

 

書いてあるものを読んでもそのあたりの表現がまちまちだったり誤解を生むような書き方を
しているものもあるのでそこに書いてある部位は何を指していっているのかも捉えると
間違いは少なくなりますね。

 

アラフォーの涙袋メイク方法で頑張って調べている方もかなり多いので、
若い方のみじゃなく興味があるのは明らかですが、
該当する年齢であれば目の下に細く白いラインを引いてあげるだけで涙袋メイクはほぼ完成です。

 

ちょっと物足りなさを感じたらパールを含んだピンク系のシャドウを
目の下1.5ミリ〜2ミリ幅で涙袋が強調されるような三日月型で入れてから
上記の白いラインをプラスするとでより立体感を。

 

 

この時の注意はメイクそのものより目元周りを強く引っ張ったりこすったりすると
下まぶたや目の周辺のたるみを助長してしまうので、
優しくなるべく負担をかけずにするということですね。

 

これはメイク落としの時も言えることで一度で落ち切れない時は
2回とかにわけて優しく落としてあげるようにしましょう。

 

涙袋メイクを荒くしすぎて目袋が目立ちすぎると意味が無くなってしまいす・・・

 

目袋が目立ってしまう時は、柔らかめのコンシーラーでぼかしを入れてあげると
涙袋メイクが引き立ちます。

 

涙袋がキレイになり、目袋や目の下のたるみを解消するアイクリームなら